ウエットスーツ修理

【修理方法と費用について】

ウエットスーツの修理費用は、《修理方法》《素材と部品》《修理サイズ》によって変わります。

①《修理方法》

新しい生地を使わない《貼り修理》と新しい生地に入れ替える《平面修理、立体修理》があります。

《貼り修理》※生地入れ替え無し
1.破れ箇所をそのまま接着、縫い、補強(熱溶着、カンヌキ、等)

《平面修理》※新しい生地に入れ替える
1.生地部分入替。1パネル全体を入れ替えず、必要最小限を部分交換する。
2.1パネル入替。立体型紙の1パネルをそっくり交換する。

《立体修理》※複数のパネルを新しい生地に入れ替える
1.複合パネルの部分入替。立体型紙の複数パネルの必要最小範囲を入れ替える。
2.複合パネルの総入替。立体型紙の複数パネルに関係する部分を全パネル入替える。
※《立体修理》は、襟、脇の下、股マチ、ひざ周り、等

②《生地素材》

《表生地》は、表スキン、表ジャージ、ストレッチ、ハードテックス、ベルクロ、等があります。
《裏ジャージ》は、ノーマルジャージ、ネッスル、起毛、等があります。
《生地厚》について、発砲クロロプレンゴムの生地厚は、2mm、3mm、5mmがあります。
《特注生地》として、表ハードテックス/裏起毛があります。

③修理基本料

《平面修理》で表スキン/裏ノーマルジャージのとき、長辺により下記の料金(税別)

  1. 10cm以内 3,000円
  2. 20cm以内 4,000円
  3. 30cm以内 5,000円
  4. 40cm以内 6,000円
  5. 50cm以内 7,000円

《貼り修理》は基本料の半額
《立体修理で2パネル》は基本料の1.5倍
《立体修理で3パネル》は基本料の2倍
《立体修理で4パネル》は基本料の2.5倍
※特注生地の《表ハードテックス/裏起毛》は上記に0.5倍を加算します。

④《特殊構造と生地以外の部品》

下記の場合は別途お見積りいたします。

  • 襟+背の複合体
  • ネックエントリー
  • 背ファスナー
  • ひざパッド
  • 手足首ファスナー取付

【修理費用のバーチャル見積り】